HOME>アーカイブ>自分に合った仕事を探す〜保育士の求人情報を検索するコツ〜

自分に合った仕事を探す〜保育士の求人情報を検索するコツ〜

履歴書

保育士の求人情報の選び方

転職を成功させるには、まず保育園の情報を集めることです。いいなと思う保育園があったら実際に見にいってみることも大切です。

婦人

求人情報を探す際の注意点

求人情報を探すときは、自分の譲れない条件を確認しておくことが大事です。条件を絞っておかないと時間を無駄にすることになりかねません。

保育士と幼稚園教諭の違いとは?

園児の年齢が違う

保育園は園によっても変わりますが、0歳〜6歳までの未就学児が対象となります。幼稚園では、3歳〜6歳の未就学児が対象となります。

標準保育時間が違う

保育園の標準保育時間は11時間ですが、幼稚園の標準保育時間は4時間となり、保育園の方が子供と接する時間は長いです。

持っている資格に合わせて仕事を探そう

保育士と幼稚園教諭では、管轄も厚生労働省と文部科学省と違い、必要となる資格も違います。持っている資格に合った仕事を探す必要があります。

インターネットで求人情報を探してから就職するまでの流れ

男女

条件を考える

勤務地や、就業時間など、自分の中でどうしても外せない条件など、重要度の高い条件を決めます。

求人情報サイトを探す

保育士の求人を専門に扱っているサイトもたくさんあります。まずは自分の使いやすい求人情報サイトを見つけましょう。

条件にあった求人情報を探す

自分の希望と合致するような保育園を探します。サイトによっては、コンサルタントから非公開求人を紹介してもらえることもあります。

面接を受ける

申し込んだら実際に保育園に出向き面接を受けることになります。気になる点は確認するようにしましょう。

実際に働く

面接に合格し、保育園側から採用の通知がきたら、実際に保育園で働くことになります。

仲介してくれるサイトもある!

保育士に特化した求人情報サイトもあり、専門家のアドバイスをもらえるサービスがあるところもあります。

保育士に関する質問にお答えします

先生と子供

保育士のやりがいは何ですか?

子どもの成長を間近で感じる事ができるのがやりがいの一つともいえます。

資格がないと保育士になれないの?

資格がないと担任を持つということなどは出来ませんが、資格を持つ保育士のサポートという仕事ならできます。

就職先はどういうところ?

保育士の就職先としては、保育園が主ですが、ベビーシッターなどといった就職先もあります。

保育士資格はどうやって取るの?

資格試験に合格する必要があります。独学で頑張る方もいますが、学校に通ったり通信講座を利用する方もいます。

子どもを見る以外の仕事って?

保護者との連携を取ったり、行事の支度やお便りの作成など、子どものお世話意外にもやることは多いのが実情です。

広告募集中